初めてのお客様へ

海洋葬散骨とは

海洋葬散骨とは、火葬されたご遺骨に粉末・パウダー加工を施し、海へ撒くという方法で自然に還し、葬送することです。
お墓に入るのが当たり前だと考えられてきた日本国内においては、新しい葬送の選択肢のひとつといえます。

〜 海洋葬散骨を望む声 〜

kaiyosotoha_pho_s01

  • 狭いお墓の中に入るのではなく、広い海の中で眠りたい。
  • 海を愛しているので。最後に海へ還るのが一番自分らしく思えます。
  • 海の近くで育った故人が、思い出の海に眠ることを生前から希望していたから。
  • 墓地の増設による森林の伐採は、環境破壊につながるので、散骨に賛成。

大自然の恩恵を受け、大いなる自然の一部である人々が、最後に“自然へ還りたい”と望む、自然思想の波は年々大きくなっているようにも感じられます。

〜 支持され始めた要因 〜

kaiyosotoha_pho_s02

  • 高度経済成長により核家族が増え、地方にあるお墓を管理出来なくなっている現状。
  • 少子化による、お墓の承継者不足問題。
  • 都心部での墓地不足・価格高騰、お墓を維持していくための金銭的負担から、お墓を持たない、と考える方が増えていること。

他にも、事情によりご先祖のお墓へ入れない方、形式や慣習にとらわれない人々が増えた事など‥‥。変化する社会の流れから、散骨が認知され始めた事により、今後のお墓に対するお悩みやご不安が軽減される方もいらっしゃることでしょう。

〜 問題点と解決の糸口 〜

kaiyosotoha_pho_s03

◆お参りをする対象物が無くなることへの不安。

世界に繋がる海は、どこの海からでもお参りすることができるという素晴しい要素がございます。再び散骨をした場所へ向かう、ご法要のクルージングもございますし、身近に故人様の存在を感じていただくために、ご遺骨の一部を、小さな骨壺や専用のアクセサリーに納め、お手元供養をすることもできます。

◆高齢の方、お体の不自由な方、乗り物に弱い。など、船へのご乗船が困難。

大切な方をお見送りする事が出来ないというのは、とても切ないことです。 ご身内や信頼している方に、代わりの代表者としてご乗船してしていただき、 散骨を実施されてもいいと思います。代わりの方がいない場合には、 弊社の海洋葬スタッフが代わって実施する散骨をご利用してはいかがでしょうか。

◆ご身内のなかで、散骨に反対される方がいらっしゃる。

ご本人の生前からの意思を一番に尊重することは、とても大切ですが、お墓へ入れることを望まれるご身内がおられる場合は、分骨をして半分をお墓へ、もう半分を散骨する事もできます。

ご身内の皆様全員が納得できるよう、充分にお話し合いをなさるべきですが、トラブルが生じないためにも、生前からご自身の意思を遺言書に記しておいたり、事前の生前予約で、ご身内の同意署名を用意する、など備えておくことも 大切な事といえるのでしょう。

〜 心あるお別れと旅立ち 〜

kaiyosotoha_pho_s04
どの宗派であっても、どのような葬送であっても、大切な方をお見送りすることに変わりはございません。

ご自身の意思通りに、心を込めて見送られる…そんな理想的なお別れができれば、とても幸せなことでしょう。しかし、たとえご自身が望む理想の形があるとしても、「その想いを叶えたい」と思う周囲の心がなければ、実現し得ないことです。
何より大切なのは、ご自身の意思、想い、考えを周囲と語り合うこと。心と心が通じ合うコミュニケーションをとること。
それが、心あるお別れと旅立ちの瞬間へと繋がっていくのではないでしょうか。