初めてのお客様へ

マナーと法律

責任をもった海洋葬散骨で見送るために。

近年、散骨への認知度が高まるとともに、散骨をご希望なさる方が増加していますが、国内の海で散骨をするには、法律的なガイドラインが統一されていないため、海外での法規制を参考に、どの業者も海洋散骨における自主的なルールとマナーを決めた上で実施しております。

 

散骨と法律について

manners_pho_s02散骨に関する法律については、1991年に厚生省(現厚生労働省)が「墓地埋葬法」の解釈に関して「墓地埋葬法は、遺灰を海や山に撒く葬法は想定しておらず、法の対象外である」との見解を発表し、法務省も刑法190条について「葬送のための祭祀として、節度をもって行われる限り違法性はない」という見解を発表しました。

海や空での散骨については問題となることは殆どありませんが、陸地で行われることについては、たとえ土地所有者の許可がある場合や自己の所有地であっても、近隣住民などが違和感・拒否感を抱くこともあり、トラブルとなった末、散骨を規制するための条例を制定した地域もございます。

海外で散骨をする方も多いようですが、日本と異なり「海岸から3マイル(約5km)以内での散骨は禁止」など明確な条例が定められているケースもございます。海外で散骨を行う場合、現地での法規や手続きに精通した専門の業者を選ぶことが必要となります。

今後、国内において散骨の実施が増え認知されていく中で、陸部や沿岸部での散骨に対し指定区域が設けられたり、条例が定められていくことも考えられます。

現時点では “周囲の人々や環境 への配慮をしながら相応しい場所で、ルール・マナーを守りながら実施する” ことが、違法性のない「節度をもって行われる散骨」の判断基準ということになります。

その「節度」とは、海洋葬散骨を行っている業者に委ねられているのが現状であるため、きちんとした業者を見極めて依頼することが重要といえます。

周囲への配慮

manners_pho_s01火葬されたご遺骨は、衛生・環境面においても全く無害なものです。 とはいえ、人の心情としましては、ご遺骨に対して恐れ、穢れを感じてしまうことは拭いきれません。

弊社前の港では、魚釣りを楽しむ方や、観光・レジャー目的のお客様も数多くいらっしゃいますので、周辺の方への配慮として喪服でのご乗船は極力お控えいただくようにお願いしております。

散骨を実施する場所は、海水浴場近くや漁場を避け、下田港外の人目の届かない沖合にて行います。 たとえ法規制がないからといって、人目のある港や岸壁から投げ入れるようなことは、絶対におやめください。

自然に還すために
manners_pho_s03もしも、火葬されたご遺骨をそのまま海へ投じてしまうと、周囲の人々や環境に配慮し「節度をもって行われる」違法性のない散骨とは見なされません。
自然に馴染むように、そして速やかに自然へ還すためにも、ご遺骨を細かくきれいな粉末・パウダー状にして、散骨する必要がございます。
献花の際には、環境保護のためにも花束のままではなく、花弁のみを海へ流し、故人様をお見送りします。
そして故人様の遺品や想い出の品などを、一緒に海へ投じることは、ご遠慮ください。